学生のお弁当屋さん

現在保育系の大学に通っているただの学生です。ひょんな事からお弁当を自分で作る事になってしまい、「折角作るんだったら、見てもらおう」と思いこのブログを始めました。

映画「累」のあらすじや見所さんをまとめてみた!!

f:id:wjvokng:20180911205250j:plain

 

いきなりですが、「俺私この顔に生まれてきてよかった〜」と思っている方はいるでしょうか?

あまりいないのではないでしょうか?

(僕は自分の顔が大嫌いです。顔を取り替えれるのなら今すぐにでも取り替えたい)

もし、あの人みたいな顔で生まれてきたらどれほど良かっただろうかと願ったことはありませんか?

響を見てきて、昔の嫌な感情が込み上げてくるくらいすごい映画だったので、今日は「響」がどんな映画だったのかをネタバレ無しで書いていこうと思います。

 

 

 

 

作品情報

月刊イブニングで連載中の松浦だるまさんの原作コミックを映画実写化した作品となっていて、女優の娘でありながらも醜い容姿ゆえ周囲からバカにされながら夢の舞台に立つことを夢見る少女

そんな女優の母から受け継いだ口紅を使って、他人の顔入れ替えることにより、今まで感じれなかった幸福感や満足感を味わってしまい、その欲求が抑えきれなくなり、他人の人生までをも支配してしまう美醜による人間の業をテーマにしたサスペンススリラー

 

あらすじ

伝説の女優・淵透世(ふちすけよ)(檀れい)を母に持つ少女・累(かさね)(芳根京子)は、母親譲りの天才的な演技力を持って生まれながらも、容姿は母に似ず、顔の大きな傷にも強いコンプレックスを持って生きてきた。

そんな彼女に母が遺した一本の口紅。

その口紅は、キスした相手の〈顔〉を奪い取ることができる不思議な力を秘めていた――。

一方、美貌を持ちながらも、決して他人には言えない理由により花開かずにいる舞台女優・丹沢ニナ(土屋太鳳)。

彼女は女優として大成することに異常な執念を募らせながら日々を過ごしていた。

ある日、累は母・透世に世話になっていたという男・羽生田(はぶた)(浅野忠信)を通じて、ニナと出会う。

“美貌”と“才能”、自分の足りない部分を埋めるように導かれ、出会った二人。

互いの目的の為、口紅の力を借りて、入れ替わる事を決断する。

ニナの“美しさ”と累の“演技力“、どちらも兼ね備えた完璧な女優“丹沢ニナ”は、一躍脚光を浴び始める。

二人の欲求が満たされていく。

しかし、二人がともに恋に落ちた一人の演出家・烏合(うごう)(横山裕)をめぐり、秘密の共同作業に亀裂が生まれる。

累とニナ、二人の女優の欲望むき出しの愛憎劇が、今、幕を開ける――。

映画「累-かさね-」公式サイト

 

自分が思う見所

中の人が思う見所は、主人公のかさねが他人の顔をすり替えて舞台に立ちお芝居をする事で、お芝居をする楽しさ・高揚感を味わいもっと感じたいと思うようになり、顔だけでなくその人の人生までも乗っ取ろうとする思いが抑えきれなくなり次第に行動に移してしまう狂喜さが上手に描かれていた。

最初は、主人公もダメだとは分かってはいたが、物語が進むに連れて気持ちのコントロールが出来なくなってしまい、マジで怖かった。




「響」を観終わった感想

自分がこの映画を見終わって、思った事は、めちゃめちゃキスするじゃん!!

主人公のかさねが持っている口紅でキスしないと顔を交換できないとは言ってもそれでも何回するんだよ!

見てて軽くですが、興奮しました。  

かわいい女の子同士のキス 堪らん!!hshs!!(*´Д`*)

ただのきもいやつ_:(´ཀ`」 ∠):)

 

キスするたびに役が変わるので、「今どっちがどっちを演じているの!?」となると思ったが、主人公2人の演技が上手すぎてハッキリと分かった

 

それと、土屋太鳳の演技とラストの踊るシーンハンパじゃねぇーな。

 

最後に・・・

最初見る前は「マンガで一回読んでるし。内容分かっているから面白くなさそう」と思って観てみたが、マンガは自分の想像で「声はこんな感じかな?」などを考えながら読んでいたが、映画だと声ははっきりとしているし何より、役者の演技に引き込まれる感じがしてとても面白かった。

 

 

sentyan.hatenablog.com